Vol.8 米粉スイーツ教室編

投稿日:2006/6/21 更新日:

私が米粉スイーツ教室をはじめた理由。

最初は教室をするなんてほんとに全く考えていませんでした。でも、ある時米粉普及委員会の方から講師の依頼をいただきました。こういう依頼は絶対に断らないのが私です。

レシピを公開しても大丈夫?

さぁ初体験です。まず、何を作るかを考えました。やっぱりシフォンケーキかな、と思ってシンプルなプレーン味のシフォンケーキに。時間が余りそうだったのでパウンドケーキも、と欲張ってみました。

そして、次はレシピです。正直言ってほんの少しだけ悩みました。何度も繰り返して調整を重ねたくぉ~れのレシピです。みんなに公開しちゃっても大丈夫かなって。

そんな時に、博多の明太子の話を聞きました。なぜ明太子が博多の名物になったのか。

明太子のふくやさんの心意気を見習って!

明太子をはじめに作ったのは「ふくや」。ふくやの創業者は惜しみなく作り方を公開して同業者に教えたそうです。創業者の想いを受け継いで、同業者の誰も特許を取るということもせず、どんどんと広まって博多の名物になったとか。

ふくやの明太子の無着色のマイルド味が私は大好きなのですが。そうだったんだ~!と思いました。明太子を目指しているつもりは全くないけど、なるほどな!と思って、レシピを使うことにしました。

パウンドケーキは定番のレシピだったので全く問題はありませんでした♪大人気の米粉ショコラのレシピは企業秘密です。

そして、せっかくだったら見やすいレシピを作ろうと思って、マインドマップをアレンジしてみました。今までそういうレシピは本屋さんに行っても見たことがありません。思いついたときはうれしくて!

でも、それをきれいに形にすることのできない私は、友達に伝えるのに少々時間がかかりました。書いてくれた友達にはホントに感謝しています。

こうして、やっとレシピが完成!マインドマップだけではなくて、ちゃんと説明書きのレシピも作りました。

いざ、本番!

いざ講習本番です。当日は23名の方が来られて、最初は慣れていないせいもあって、テンヤワンヤの状態でした。

ふと気づいたのです。23名のうち、何人の方が満足して帰っていただけたのだろうかって。仕方がないけど、きっとそうではない方もいたと思います。

どうしても授業形式になってしまうので。だったら、とっても狭いけどくぉ~れファクトリーでやってみよう!と思い立ったのが始まりでした。

ちょっと長かったですが。。。

こうして、現在では定員2名限定でほぼマンツーマンに近い状態で毎週土曜日に講習会を開催しています。

ファクトリーでのスイーツ教室!

最初の頃は参加してくれる人はいるのだろうかと不安もありましたが、最近ではほぼ毎回定員いっぱいの状態です。まぁ2名なので・・・時には3名になってさらに狭い中でやっています。

2回目も来ていただいている方もいて、本当にうれしい限りです。毎回いろんな話をお伺いすることができてすご~く勉強になっています。人生の先輩の話はやっぱりためになります♪

目的は、ケーキを作ることを楽しんでもらいたい、家でも作ってさらに楽しんでもらいたい!ケーキに限らず何かをみんなで作って食べることって、ホントに楽しいことです。

それは食べてくれる人がいるってこともあるし、その時間を楽しむことでもあると思います。そんな人が増えていけば「個食」とか「孤食」って減るのかな。。。

そして、その時間は「記憶」に残ります。「記録」よりも「記憶」に残るプレーをと言った野球選手がいましたが、誰かの「記憶」にくぉ~れが残ることってすっごく幸せなことだと思うのです。

モノより思い出っていうCMがありますが、そんな楽しい時間を過ごせる私も幸せです♪

次回は初めて小学生の方の予約をいただきました。そういう時期の「記憶」ってすごく残りそうな気がするので、またまた一緒に楽しもうと思います。

今講習で作っているのは米粉シフォンケーキだけですが、これからは種類をもう少し増やしていこうと思っています。私もまだまだ勉強中なので。。。

-メレンゲコラム

Copyright© 米粉Sweetsくぉ~れ(CUORE) , 2017 AllRights Reserved.